ストランドカッターの設計・製造を手がける技研工機の仕事についてお話しします。

menu

仕事を知る

技研工機の仕事

「技研工機株式会社」の仕事、業務内容についてお話しします。
私たちが製造・加工を手がける樹脂原料ペレット製造装置用ペレタイザー=「ストランドカッター」、各種産業機械用精密部品、工業用刃物がどのような現場から生み出されているのか、そこに携わることの意義はどこにあるのかといったことにも触れています。
四国・中国・近畿で一流メーカーのものづくりを最前線でサポートする技研工機へ就職を検討されている方はぜひこちらをお読みください。

長年蓄積された知見と経験を背景に、ものづくりをトータルで提案します

長年蓄積された知見と経験を背景に、ものづくりをトータルで提案します

技研工機は、その名の通り、技(わざ)を研(みが)くことを自らの使命とし、高品質な製品づくりに邁進してきた技術開発型企業。一方で、加工はもちろん、素材・熱処理から表面処理に至るまで、長年蓄積された知見と経験を背景に、ものづくりをトータルで提案する問題解決型企業としての側面を持っています。さらに、現在では、より付加価値の高い精密部品や高難度部品、精度を必要とする機械を製作するために、これまで蓄積したノウハウ、優れた人的資源を生かして企画・設計ベースから取り組むまでに成長を遂げています。

技術開発型企業として成長を重ねています。

1968年(昭和43)に工業用刃物メーカーとして産声を上げ、さまざまな産業の精密部品から産業機械の設計・製作を手がけるまでに発展させてきた技研工機。今日では、日本を代表するナショナルクライアント、大手メーカー各社から、その技術を評価されるまでに至っています。なお、私たちの商圏は主に関東・東海・関西などの大都市圏、さらに四国・中国から九州にかけて広がる太平洋ベルト地帯にまで及んでいます。

画像

ものづくりに対する厳しい目が技術を研きます。

画像

お客様のご要望を具現化するノウハウが身上です。

Copyrighit ©技研工機株式会社 All righit Reserved.